オートミールをそのままヨーグルトに入れて食べるオーバーナイトオーツが便利すぎる

スポンサー

オートミールをそのままヨーグルトに入れて食べるオーバーナイトオーツが便利すぎる

こんばんは、オートミールのストックが底を尽きそうで焦っているノブヒロです。

オートミールって意外と美味しく食べるには手間がかかりますよね。わたしも、オートミールをもっと手軽に食べれなかってけっこう悩んだことがあるんです。

それで最終的にたどり着いたのが、ヨーグルトにオートミールを入れて一晩放置して食べるオーバーナイトオーツだったんです。

なので、今回はこのオーバーナイトオーツが便利な点を紹介していきます。

便利その1 作り方が簡単で作業時間5分

ヨーグルトを入れた容器に、そのままのオートミールを入れます。そしてかき混ぜて冷蔵庫に入れます。あとは洗い物をします。これだけ。

作業自体はこれだけです。超お手軽ですよね。あとは、フルーツ入れたり、シナモン入れたり、いくらでもアレンジできますが、それでも作業時間は対して増えません。混ぜるだけなので。超簡単な時短レシピです。

便利その2 洗い物が少ない、スプーンだけ

調理が簡単だったので、洗い物も簡単です。

わたしはコンビニ弁当とか食べたくないので、職場へは弁当作ってくんですけど、出来るだけ弁当に手間をかけたくないんですよ。そんなわけで、職場への弁当はいつもこれです。

弁当を準備する30分の時間が5分に短縮できて、本を読んだり別のことに時間が使えるようになったのはかなり嬉しいです。

便利その3 低カロリーでダイエットに向いている

オートミール1食分(80g)のカロリーはだいたい300キロカロリーでヨーグルト1食分(120g)のカロリーはだいたい80キロカロリーです。更に何かを軽くトッピングしてもだいたい400キロカロリーから500キロカロリーです。なので、お弁当に持っていったり、朝食に食べるには腹持ちも良くて低カロリーなダイエット食です。

便利その4 簡単で低カロリーなのに美味しい

で、大事な味の方ですよね。これがかなり美味しいんですよ。オートミールがヨーグルトの水分を適度に吸ってくれて、ギリシャヨーグルトみたいになるんです。これに蜂蜜とかブルーベリーで甘みを加えるとレアチーズケーキみたいです。

しかもレアチーズケーキほどカロリーは高くないので食べやすいですね。

他にもオートミールはクッキーやパンケーキ、お好み焼きなんかにも使えて便利だったりします。

便利その5 ナッツやブルーベリーでアレンジができる

このオーバーナイトオーツなんですが、アレンジがしやすいんですよ。先程のようにブルーベリーを入れても美味しいです。わたしは良質な油分が欲しいのでナッツを入れたりします。主にくるみですね。

それ以外にもプロテインを一緒に混ぜ込んだりもできます。プロテインはフレーバーによって味が変わるので、飽きが来なくていいですよ。

それ以外にもきな粉や胡麻、パイナップルなんかを入れてます。バナナは色が変わっちゃうので気になる人は避けったほうがいいかもしれませんね。ちなみにわたしは気になるので

バナナは入れないようにしています。

便利その6 プロテインを入れて筋トレ飯にもできる

先程のお話のとおり、プロテインを入れると筋トレ飯にぴったりなんです。

筋トレするにはどうしても、糖質が必要です。糖質不足だとトレーニング強度が下がるんで、プロテインでタンパク質を補いつつ、オートミールで糖質補給できます。

オートミールには食物繊維が豊富に含まれているので、ゆっくりと吸収されます。なので、脂肪に変わりにくくボディーメイクをするにはぴったりです。

さらに、ミネラルがたっぷり含まれています。その中でもマグネシウムが豊富でして、このマグネシウムは汗で流出したりと不足しがちです。なので運動と一緒にオートミールはとても相性が良いのです。

最近は気温が高くなってきているので、自然と汗もよくかくようになったので、運動しなくても食べていきたいところですね。一日1食をご飯からオートミールに置き換えるだけで1日に必要なマグネシウム量を摂取できそうですよ。

最後に

というわけで、オーバーナイトオーツいかがでしたでしょうか。低カロリーだったり手軽だったりもあるのですが、何よりも美味しいので、ぜひ1度作ってみてください。

それから、このブログではオートミールに関することや、健康的な生活改善についれもいろいろ記事を書いているので、ぜひ見ていってください。 ではまた。

スポンサー