今年、捨ててよかったもの

この時期になると、色んなブログで今年買ってよかったプロダクト的な記事を書きますよね。

何かを良くするためにものを買うことは多いと思うんですけど、捨てることでも何かを良くすることができると私は思います。

私はミニマリストではありませんが、捨てたことによって快適さを感じることができたので、記事にまとめさせていただきます。

 

1 朝食

私は今年から朝食を食べていません。

正確に言うと、午前中に筋トレしたいときは軽く食べたりするのですが、習慣として朝食を食べる習慣はなくなりました。

朝食を食べるのをやめた理由はリーンゲインズという時間断食(1日の食事時間を8時間以内にする)という健康法というかダイエット法としてはじめました。

今は目標の体重まで絞れたので必要ないのですが、調子が良かったので継続しています。

どう調子がいいかというと

・ 午前中の集中力がかなり高く維持できるので仕事がスイスイ終わる

・ 朝食を準備しなくて住むので家事負担が減る

・ 基本1日2食になるので食べたものを覚えていられるので栄養管理がしやすい

という具合です。

私は朝食の時間を散歩や読書に当てています。とても充実感を感じています。

 

2 服のバリエーション

今年から普段着る服を1種類にしました。その他にオシャレするときの服を1種類と背広です。

これはミニマリストしぶさんから影響を受けました。これをすると

・ 朝に服を選ぶ必要がなくなるので着替えが最速

・ 普段着る服は速乾性があるので、天気が多少悪くても洗濯物が乾く

・ 普段着るものはストレッチ素材なので、いつでも着心地が良い

・ 靴下も1種類なのでどれを履いてもOK、片方がないから探すという無駄な時間もない

・ 買い物ついでのウィンドウ・ショッピングがなくなる(服を買う必要がないので)

・ 無駄な服を持たないので収納が快適

とかなりメリットが多いです。

ちなみに、今どき「あの人毎日同じ服来ているけれど洗濯していなのかなー」なんて言う人はいませんし、言われるとしたら服のバリエーションではなく個人の清潔感が問題だと思います。

 

3 主食

食卓には必ずご飯かパンか麺が必要っていう感覚ありません?

私も白米大好きなんですが、たまに食べるくらいになりました。

というのも主食ってとりあえずカロリーですよね、主菜や副菜から炭水化物はとれるし、基本的に日本食って糖質過多の低タンパク質になるのでやめました。

もちろんたまには食べます。寿司のご飯とかコース料理のパンとか、友達とたまに食べに行くラーメンはやめていません。

でも思考停止でご飯やパンやパスタを食卓に出すのはやめました。

やめてみてわかったのですが、私は小麦に軽いアレルギーがあるみたいでして、たまに食べると肌が荒れたり、疲れたりしますね。

この辺は個人差なのですが、むやみにカロリーを摂取することもないと思うのでやってみるといいと思います。

 

4 腕時計

腕時計は背広用に1本だけしまって持ってます。

背広の場合は身だしなみなので仕方ないですが、普段はつけません。

以前は毎日していたのですが、正直スマホの時計でいいじゃんてことで捨てました。

腕時計ってなんかステータスシンボルらしく、余計なことを考えるので、ならいっそない方がいいかなて考えた次第です。

なくて不便したことはないので、捨ててよかったんだと思います。

 

5 蔵書

捨てたと言うよりは売りました。

私は本を読むのが好きなのと、読んだ本に愛着があるので、なかなか処分できず、本棚から溢れてました。

でも、いくら愛着があっても読み返さない本をいつまでも持ってても邪魔なだけなので思い切って売りました。

今はスマホでアカウントを作るだけで本を取りに来てくれたり、写メを取るとその場で簡単な査定をしてくれるサービスもあるので、とても便利で驚いています。

ちなみに、捨てるために思い切るための秘訣は本に付箋を挟むことです。

読み返したら付箋を剥がす。

そんで1月読み返さなければ、いらないってことです。

付箋の残ってる本は心置きなく、売ることができます。

 

6 職場

捨てたと言うか、転職ですね。

看護師なので転職はそんなに難しくなかったです。

面接なんて採用前提でしたし、優秀そうに見えたみたいで頼んだ通りの配属になりました。

正直いうと転職エージェントをもっと上手に使っとけばよかったかなと思うところもありますが、概ね満足です。

ちなみに、前の職場は軽くブラックだったのですが、そういうところにいるとやっぱり考える力とか奪われますね。

おまけにちょっとしたことでイライラしていた気がします。

もし、ブラック企業に努めている人がいたら本当に転職したほうが良いと思います。

あなたの心を歪めているかもしれませんし、あなたが大切にしたい人を大切にできなくなってしまうかもしれません。

7 人間関係

誘われるからとりあえず行くみたいな付き合いはやめました。それが楽しそうか、充実感が得られそうか、何か得るものがありそうか、しっかり考えてから付き合いをすることにしました。

というのも、よく誘われるグループは結局集まって愚痴をいうだけの生産性がないどころか、精神を消耗するような付き合いだったので、お断りをするようにしました。

お金と時間という大切な資源を使ってネガティブオーラにさらされて消耗するくらいな、YOUTUBE大学見てたほうが全然素敵な時間の使い方だと思ったので。

 

8 愚痴

もともと愚痴はほとんど言わないタイプの人間なのですfが、完全に意識して捨てることにしました。

愚痴は言うとスッキリするというふうに考えているようですが、これは間違いです。

おそらくフロイトのカタルシス法という言語化によるトラウマの改善が根拠みたいですが、これは客観性が必要です。

愚痴を言うことは出来事にネガティブな意味付けと感情をつけて言語化することなので、ネガティブな感情が記憶に残りやすくなります。

つまり負の感情ばっかり記憶して不満だらけの人間になります。

ちなみに看護師は愚痴を言うとストレスが発散でるという誤った考え方を持っているため、愚痴が大好きですよね。

その結果、大体の病棟の人間関係は言わずもがなって感じですよね。

ちなみに言語化することがいけないわけではないです。愚痴を言いそうになるときってありますよね。

そういうときは問題提起や自分への課題という形に変えると良いと思います。

例えば

上司がいちいち仕事に口を出してくるからうっとおしい

→ 上司がいちいち仕事に口を出してくるのは業務分担や業務管理のシステムが上手くいっていないのかもしれない

→ 上司がいちいち仕事に口を出してくるのは自分の仕事が心配だからだ、上司が安心するためにはどう報告していけばいいのだろうか

まあこんな感じのほうが他人に話しても、自分の心の中にあっても楽ですよね。

9 革製品

私は革製品が大好きで、革靴に、革のバッグ等持っていましたが、革の財布だけ残して捨てました。

革製品が好きな人はわかると思うのですが、数が増えると手入れが大変で。

今は革製の小さい財布と正装用の革靴が1足だけですね。

今後革のトレーニングベルトも購入を考えてますが、手入れはしないつもりです。

で、革製品を捨ててわかったことなんですけど、変わってデザインや質感は最高なんですが、機能性っていまいちなんですよね。

重いし、通気性悪いし。それに汚れるとすぐシミになるし値段もそこそこするので、買い替えにくい。

久しぶりにスニーカー履いたらスニーカーが大好きになりました。

それからポリエステルのリュックも。

 

10 煙草

正確には、禁煙したのは一昨年なのですが、今年に入って快適さをものすごく感じたので書いていきます。

まず煙草をやめて感じたことは

・ 煙草を吸いに行かないから休憩時間が長くなった

・ 浪費額が煙草分減った

・ 部屋と車の掃除が楽になった

・ 謎の咳がなくなった

・ 健康的なことをするのに躊躇しなくなった。

特に一番最後なのですが、煙草を吸っていることが、アイデンティティに自分が不健康なことをしているっていう意識を植え付けていたんだと思います。

今は健康的なことをするのが楽しいです。

ちなみに禁煙に関する記事も書いているので、禁煙を考えている方は試してみてください。

タバコをやめた方法と、タバコをやめられない理由

 

こんな感じで、今年捨てたもののまとめでした。

具体的に上げていって気づいたのですが、そのときはこうするべきだっていう固定観念があったことをやめたことが快適さにつながったと思います。

参考になれば、みなさんも捨ててみてください。それでは。

スポンサー