家庭にあるものでできる、飲むだけダイエットにおすすめ、3選

スポンサー

家庭にあるものでできる、飲むだけダイエットにおすすめ、3選

こんにちは、いつでも何かしらのダイエットを試しているノブヒロです。

今回のお話は、飲むだけダイエットです。ダイエットは続けられないと意味がないですね。なので手軽にできるのが一番大事だとわたしは思っています。といっても怪しいサプリメントを飲むお話ではありません。家庭にありそうなものです。簡単に試せて、簡単にやせるダイエットを集めてみました。ぜひ試してみてください。では第3位からいきます。

第3位 コーヒー

コーヒーに含まれているカフェイン、クロロゲン酸には脂肪の分解を促進させる働きがあることが様々な研究で明らかになっています。

このコーヒーには様々なメリットがあります。

メリット1 手軽に飲める

コーヒーは手軽に飲めます。美味しく飲みたければ豆をひいたりする必要がありますが、インスタントのコーヒーでも結構美味しいおのはあります。

職場に行く時に、ちょっと飲んだりするといいですね。

メリット2 美味しい

コーヒーって美味しいですよね。わたしは以前ダイエットでオオバコっていう食物繊維の粉を水に溶いて飲んでたんですけど、かなりきつかったです。マカもきつかったです。それに比べてコーヒーは普通に美味しいです。ホットでもイケるし、熱くなったら氷を入れてアイスコーヒーにもできるし、今日は炭酸をつかってエスプレッソトニックもどきを作りました。ダイエットは継続できることが大切です。ただでさえ飽きないコーヒーですが、更にバリエーションが増えると良いですよね。

メリット3 集中力も高まる

カフェインの覚醒作用で集中力が高まります。これは体感している人が多いと思いますが、実際にカフェインで集中力が上がるっていう研究は結構あります。

わたしもは朝にコーヒーを2杯飲んでから仕事に行くという習慣があります。生産性を高めていたいので。これはダイエットとはあまり関係が深くないのですが、無理なダイエットして生産性が下がるくらいならコーヒーでも飲んでくださいと思って入れました。

コーヒーはメリットが多いですが、その反面にデメリットもあります。そちらも説明していきます。

デメリット1 体質に合わない人がいる

コーヒーのような刺激物が身体に合わない人がいます。飲むと過剰に反応してしまうんですね。実際にわたしも、結構カフェインに反応する方なので、コーヒーはなるべく午前中だけにしています。

それ以外にも、妊婦さんや、貧血気味の人もコーヒーは得られる効果よりリスクが大きくなる可能性がたかいので、おすすめできません。

デメリット2 制限が必要

カフェインは身体に良い作用がありますが、基本的には刺激物です。そのため、飲み過ぎると、ストレス過多になります。わたしも飲みすぎて夜中に目がギンギンに覚めて眠れなくなったことがあります。ダイエットには睡眠も大事です。というか、睡眠の質の悪化は肥満のリスクを高めます。

なので、睡眠への影響に注意して飲みましょう。

わたしは1日3杯まで、午前中までに飲むと決めています。サプリメントでカフェインを取るときはコーヒー1杯をカフェイン100mgとして計算しています。良ければ参考にしてください。

第2位 プロテイン

タンパク質は食欲を抑えてくれるという研究があります。そこで手軽にタンパク質を摂取できるプロテインです。

https://daigoblog.jp/justdrink-diet/

「プロテインなんて家にないよ」という人もまだいるかも知れません。でもわたしから言わせてもらうと「まだプロテイン飲んでないんですか」です。

日本人の食事は炭水化物と脂質が多すぎます。人は最低でも1日に体重(㎏)✕1mgのタンパク質が必要といわれています。タンパク質をしっかり摂取しなきゃ太ってあたりまえです。もうプロテインはマッチョたちが汗をかきながら飲むものではないんです。

と、煽ってしまいましたが、それくらいプロテインは飲んだほうが良いです。

プロテインのメリットも書いていきます。

メリット1 手軽に1食

朝食をプロテインにすることや、甘いものを食べたくなっったときの置き換えに使えます。意外と簡単にカロリーカットしてくれます。

また、普通の食事にプロテインを加えることで、食べ過ぎを抑えたりしてくれます。

わたしは夕食前に飲むようにして夜のドカ食いをしないようにしています。

メリット2 運動と組み合わせると相乗効果がある。

プロテインは飲むだけでも痩せますが、運動と組み合わせると更に効果が高くなります。運動がインスリン感受性を高めて血中のタンパク質や糖が筋肉に運ばれます。

なので栄養が筋肉でエネルギーとして使われるようになり、脂肪の蓄積を抑えてくれます。

わたしは、どうせ運動するなら筋トレして身体のメリハリをつけることをおすすめします。ただやせるよりかっこいい体になりますよ。

続いてデメリットです。

デメリット1 値段が意外とする。

プロテインて意外と高いんですよね。Amazonとか見てもらうとわかるんですけど1kgがそれなりのお値段します。なのでちょっとガブガブ飲むのには気が引けます。

わたしが知っている限りでは、このマイプロテインがかなり安いです。安いプロテインの半額くらいの値段で売ってます。

ちなみにゾロ目の日(1月1日とか7月7日とか)にやるセールが45%オフになるのでおすすめです。

デメリット2 お腹をこわす人がいる。

牛乳飲むとお腹がゴロゴロする人いませんか?そういう人は乳糖不耐性といって、乳糖が分解できないんです。そういう人は乳糖まで濾過したホエイプロテインアイソレートを飲む必要があります。ちなみにわたしがそうです。わたしはカフェラテでさえお腹がゴロゴロします。

それでは最後の飲むだけダイエット飲料を紹介します。

第1位 水

水かよッ!って思いました?でも水って意外なことに飲むだけでやせるっていう研究結果があるんです。

https://dm-net.co.jp/calendar/2015/024231.php

特に食事前に飲むことで、食事の量を減らしながら満足感を得ることができるんです。

そんなわけで、水飲むだけダイエットのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット1 超手軽

蛇口をひねればでますから、水道代を払っていれば飲めます。更にいうと水道代を払ってなくても公園とかでも飲めたりします。職場とかでも水道の水くらい飲ませてくれますよね。

そのくらい手軽に飲めます。もちろん水道水が嫌という人もいると思いますが、ミネラルウォーターもスーパーとかAmazonで安く買えます。コーラをやめてお水にしましょう。

メリット2 軽度の脱水を防いでくれる。

人は体内の水分の2%が減っただけで脳機能が低下すると言われています。なので、水ってこまめに飲む必要があるんです。

特にダイエットをしているときは尚更です。

ダイエットで大事なのは意志の力を上手に引き出すことです。ジャンクフードや甘いものへの誘惑と上手に付き合う必要がありますから。そのため脳機能は常に正常に保っておきたいものです。その面でもコマメな水分摂取はダイエットに向いているんです。

メリット3 便秘解消

ダイエットと併用していると、お通じのトラブルが生じることが多いですよね。特に女性の方は、深刻な悩みだと思います。ですがシンプルに水を飲むだけでも便秘は解消されます。それでもダメならマグネシウムや漢方と併用してみてもいいと思います。

続いてデメリットです。

デメリット1 コマメに飲む必要がある

人が水を吸収するには1分に13mlと言われています。つまり15分で200mlくらいですね。まとめて飲んでも吸収できないので、少しずつコマメに飲む必要があります。

デメリット2 冷水は飲みすぎないように注意が必要

冷水を飲みすぎると消化管の血流が下がって食欲不振や疲労感が出てきます。なので冷水の飲み過ぎには注意が必要ですね。

なのでわたしは仕事中はステンレスボトルに水を入れてコマメに飲めるようにしています。やっぱりステンレスが手入れしやすくていいですね。プラスチックのボトルは匂いが気になってきます。これに氷を入れずに常温にして、飲み終わったら職場の水道で水を追加して飲んでます。チタン製が軽くて良さそうだったのですが、値段と相談してやめました。

そんなわけで、今回はお手軽にできる飲むだけダイエットBEST3でした。

コーヒー、プロテイン、水まずはどれか試してみてはいかがでしょうか。

それでは次の記事でまた会いましょう。バイバイ。

スポンサー