朝の筋トレの効果がすごい、仕事からダイエットまで上手くいく習慣

スポンサー

朝の筋トレの効果がすごい、仕事からダイエットまで上手くいく習慣

こんにちは、コロナ以降、めっきりジムに行かなくなったノブヒロです。

わたしは最近、ジムに行けなくって、それからなかなか筋トレできなくなってしまったんですよ。

それで、仕方なく毎朝公園で筋トレしていたら思いも寄らないメリットが色々ありました。なので今回は、そのことについてお話していきます。

朝筋トレの効果

朝の筋トレは、いっぱいメリットがありました。特に大きかったのが、仕事が捗ること、一日元気でいられること、毎日の習慣になって続けられること。そしてダイエットにも効きそうです。一つずつお話していきます。

仕事がはかどる

朝に筋トレすると、その後の仕事がめっちゃ爆速で終わります。頭も冴えるし、身体もスイスイ動いてくれます。

正直なところ、最初は疲れたり眠くなったりしないか心配だったのですが、逆でした。

これは、筋トレをすることによって、アドレナリンやドパミンのようなホルモンが出たことで、脳や身体の機能をブーストしてくれているんです。

そんなわけで、わたしは仕事のある日こそ、筋トレをやっています。

仕事の生産性を上げたい人は、試しに腕立て伏せかスクワットを10回3セットだけでも良いのでやってみると良いと思います。

1日中元気でいられる

仕事は悩みがつきものですよね。特に仕事のプレッシャーや人間関係など、不安になることが多いと思います。

しかし、朝に筋トレをすると、めちゃくちゃ心がタフになります。もちろん筋トレで仕事や人間関係が大きく変わることはありません。しかし、筋トレをすると、こういった不安に強くなります。

筋トレによってテストステロンが分泌されることで、メンタルがめちゃくちゃ強くなります。

仕事がまるでゲームかのように楽しくなってきます。

筋トレが継続しやすい

朝一番に筋トレするってことは、他の予定に邪魔されにくいです。さらに朝がもっとも意志の力が強い時間でもあるのです。

なので、これから筋トレを習慣にしたいとか、マコなり社長が言ってるから筋トレしなきゃと思っている人にもおすすめできます。

ダイエット効果

朝イチに身体に激しい運動をすると、その後の代謝がめっちゃ上がります。そうすると

ちょっとした運動でもカロリー消費が大きくなります。

なので筋トレを朝にするのはダイエットとしてもかなりおすすめです。

わたしの体感でも、筋トレをした日は1日中からだが温かいのを感じます。

でも、この習慣を初めてまだ3週間くらいなので、実際の効果のほどは不明です。

いちおう体重は1キロ減ってるんですけどこの期間だと誤差の可能性もありますので

良いことばかり強調しましたが、デメリットもあります。

デメリット

筋肉を追い込めない

朝はどうしても昼過ぎに比べて頭もからだも覚醒状態は低いので、筋肉を追い込むような筋トレには向かないですね。もちろん、筋肥大しないということはないですが、ビルダーを目指したい人にはかなり大きなデメリットかもしれません。

しかし、わたしのように健康のためだったり、かっこいい身体になりたかったり、仕事のパフォーマンスを上げるための場合にはそんなに気にする必要はないと思います。

逆に、追い込めないからこそ、毎日筋トレできるっていう見かたもできますね。

朝食を食べる必要がある

わたしは2年間くらい朝食は食べていませんでした。リーンゲインズっていうダイエット&健康法をしていたんです。

でも筋トレをするってことは、その前に食事を取らなくてはいけないんです。

なぜなら、空腹時に筋トレをするとストレスホルモン過多になったり、筋トレのパフォーマンスが下がったりとあまり良いことがないので。

なので、わたしのように朝食を食べない人は、朝に朝食を食べる時間を捻出する必要があるんです。

しかし、筋トレをする時間も捻出しなくてはいけないのに、更に朝食の時間まで捻出するのは結構きついです。なので朝食はできるだけ時短です。

時短できるおすすめの食事を紹介します。

朝筋トレにおすすめの食事

筋トレをする時に必要になる栄養は2つです。エネルギーになる糖質と、筋肉の材料になるタンパク質です。

プロテインパウダー

まさにキングオブ時短食材です。水に溶いて飲むだけです。筋トレをするには必須の食品ですね。

日本人の食事はタンパク質不足になりやすいので、健康維持や美容のためにも飲んでおくことをおすすめします。

オートミール

オートミールは燕麦というムギの仲間です。それを茹でて潰して乾燥させたものが、こうやって売られています。

栄養が豊富で、食物繊維は白米の10倍も含まれています。なので腹もちもいいです。

これの素晴らしいところは、水に浸してレンジでチンすればすぐに食べられるところです。

味はかなり素朴なのですが、コンソメ顆粒をかけたりするとすごく美味しいです。

この2つがわたしの朝食ルーティンです。かなりおすすめです。

具体的な方法(わたしの場合)

わたしはまず朝起きて、オートミールに水をぶっかけてレンジでチンします。それに豆乳とプロテインを混ぜて食べます。(プロテインがプレーンのときはコンソメを入れます)

更にコーヒーを入れて通勤の車の中で飲みます。

コーヒーのカフェインは筋トレのパフォーマンスを上げて脂肪燃焼も助けてくれます。

30分くらいで職場の近くの公園に到着です。ここで筋トレをします。

メニューは

  • 腕立て伏せ10回3セット
  • 腹筋20回3セット
  • チューブサイドレイズ20回3セット
  • 最後にタバタトレーニング1回下半身を中心に

タバタトレーニングとは

トータルで20分くらいです。軽めのメニューですが、毎日するのでこれくらいで十分です。

あると便利な道具

ヨガマット

家でトレーニングするにも、外でトレーニングするにもあると便利です。

特に腹筋運動をするときなんかには背中が痛くならなくなるし、滑り止めにもなります。

筋トレ以外にもヨガやストレッチをするときや、ちょっと昼寝するときなんかにも役に立ちます。

トレーニングチューブ

筋トレをする時に、自重だとどうしても背中や肩が鍛えられないのですが、これがあればどこでも鍛えることができます。

チューブを足で踏んでベントローをしたり、サイドレイズをすることができます。

グローブ

外でトレーニングする時にあった方が良いです。地面に直に手をついて腕立てやバーピーをすると手が汚れたり、怪我の原因になります。

こういったトレーニング用の手袋はウェイトトレーニングをするときにも必要になるので、1つ持ってても損はないです。

以上が今回のお話でした。

仕事の生産性を上げたい人や、元気に1日を過ごしたい人は是非試して見てください。

ではまた次の記事でお会いしましょう。バイバイ。

スポンサー