筋トレにオートミールがおすすめな理由【簡単な食べ方も紹介します】

スポンサー

オートミールは筋トレの効果を高めるのにとても便利です。

こんにちは、筋トレと読書と健康が趣味のノブヒロと申します。

今回お話するのは、オートミールが筋トレをするのにかなり効果的だったので、そのことについてお話します。

みなさんオートミールってご存知ですか?えん麦っていう麦の仲間です。

よくグラノーラなんかにたくさん入っている小さいジャリジャリしたアレのことです。

詳しくはこちらを見てください。

このオートミールを食べるようになって約半年になりました。かなり便利だったので、そのことについてお話してシェアしたいなと思います。

オートミールが筋トレをするのにおすすめな理由

  1. 手軽に糖質が摂取できる
  2. タンパク質が多い
  3. 太りにくい
  4. お腹の調子を整えてくれる

順番に説明していきます。

1.手軽に糖質が摂取できる

オートミールの一番のメリットとも言えますね。手軽に食べることができるんです。

お湯を入れたらすぐに食べられるんです。

しかもインスタントオーツなら水でも大丈夫です。つまりプロテインに溶かしてもオーケーという。

筋トレをするときってスケジュールを縫ってジムに行ったりすることもよくありますよね。そんな中で、トレーニングの何時間前に食事を準備してとかやってると大変です。

しかし、オートミールは手軽に準備してサッと食べることができるんです。

更に、添加物もなくクリーンな栄養源です。保存もききます。

かなり便利ですよね。わたしはこの便利さから抜け出せなくて5キロくらい買いだめしています。

いざという時の保存食にもなりますしね。

ちなみにわたしが筋トレにつかう場合には、筋トレの1時間くらい前か、筋トレの前の食事で食べるようにしています。

時間がないときにはトレーニング前にプロテインと一緒にインスタントオーツをシェイクして飲んでいます。でも直前に飲むと胃もたれするので、30分くらいは時間を開けたほうが良いですね。

2.タンパク質が多い

オートミールはタンパク質の含有量が多いんです。その量はお米の約2倍です。

筋トレをしていると、タンパク質が必要ということはよく知られていると思います。

その具体的な量は1日に

体重(㎏)✕2g

と言われています。けっこうな量ですよね。

体重70kgのわたしは1日に140gのタンパク質が必要になるのです。

これはとりむね肉なら800g、タマゴなら16個です。

正直、こんだけ食べるのはかなりきついので、こういった糖質源としてタンパク質も一緒に取れるのはありがたいです。

わたしはトレーニング前に食べる他に、昼は必ずオートミールを食べるようにしてます。

それだけで10gくらいのタンパク質がとれるんです。

3.太りにくい

オートミールは食物繊維が豊富なので、GI値が低いのです。

GI値とはグリセミック・インデックスと言います。

これは食品ごとの血糖値の上昇度合いを0~100で表したものです。

詳しくはこちらです。

このGI値は低いほうが血糖値が急上昇しにくくエネルギーが脂肪に変わりにくいです。

オートミールはこのGI値が55と低く、低GI食品と言われています。

ちなみにその他のGI値はこちらの表を参照してみてください。

食の専門家Blogより引用

筋トレをする理由は色々ありますが、ボディメイクや健康維持という観点であれば、あまり脂肪はつけたくないはずです。

しかし、糖質もある程度必要なので、こういった脂肪に変わりにくい糖質源はとても重要ですね。

4.お腹の調子を整えてくれる

オートミールはとても食物繊維が豊富です。100g中に10gの量が含まれています。

と言われてもピンと来ないかもしれませんが、これはものすごい量なんです。

食物繊維の1日の推奨量は24g以上と言われています。(ちなみに日本人の平均摂取量はこの半分くらいです。)

この量は野菜で食べようとするとかなりの量になります。

しかし、頑張ればオートミールだけでも摂取できちゃいそうですよね。

筋トレにはこの食物繊維が重要になります。

というのも、筋トレをしていると必然的にタンパク質を食べる量が増えますよね。

すると、どうしてもお腹の調子が悪くなるんです。

よく肉食をしているとオナラが臭いとか言いませんか?

それはタンパク質の摂取量が増えて腸内環境が乱れているからです。

なので、食物繊維をしっかりとってお腹の調子を整えていきたいものです。

ちなみにわたしはオートミールを定期的に食べるようになってから、かなりお腹の調子が改善しました。ゲリもしなくなったし、ガス自体もあんまりでなくなりました。

とくに激しいトレーニングをする人はゲリをしやすいので、かなりおすすめですね。

以上が筋トレにオートミールがおすすめの理由です。

でもそんなに便利なオートミールでもちょっとした弱点があります。

それについて説明していきます。

オートミールのデメリットは食べ方の工夫で克服できる

オートミールはそのままだとまずい

そう、まずいんです。シリアルの感覚で牛乳かけて食べるとかなりきついです。

どうまずいかというと、ぜんぜん味気ないのにやたら飲み込みにくいんです。

そんなにまずいんじゃいくら効果的でもダメじゃんと思われました?

わたしもそう思ってました。でも、ちょっとした工夫で普通に美味しく食べることができるんです。

オートミールの美味しい食べ方のポイント

甘みをつける

オートミールはグラノーラに入っている食品なので、甘みとの相性が良いです。

甘みの付け方で一番簡単なのが、

ヨーグルトに入れる

フルーツと一緒に食べる

ハチミツを加える

甘みのあるプロテインと混ぜるなどです。

これらを組み合わせて、自分好みのオートミールを作るのも楽しいですね。

わたしは、ヨーグルトにオートミールとプロテインとフルーツを混ぜて弁当にしています。

これだけで1食分が完結します。

しかも準備にかかる時間が洗い物も含めて5分前後です。すごく楽なのでお気に入りです。

簡単な調理をする

すこし手間を加えるだけで、普通の食事として美味しくなります。

お茶漬けのもとをかける

カレールーを溶かす

チーズと塩コショウ

だしの素と佃煮と小ねぎなど

これはアイデアしだいでいくらでも応用が出来ますね。

YouTubeでもオートミールの美味しい調理の仕方の動画がたくさんあるので、ぜひ試してみてください。

使いやすいオートミール

オートミールはいくつか種類があるのですが、こちらはとても使いやすいです。

スーパーにも売っているので手に入りやすいので、まずは試しにという方はこちらがおすすめです。

この商品はお湯をかければすぐに食べれるくらい柔らかくなります。

プロテインと一緒にちょっと長めにシェークしても食べられるので便利です。

また、少し食感がほしいという人はこちらもどうぞ。

お湯を掛けて少し待つ必要がありますが、口の中でプチプチとした心地よい食感があります。

わたしはこっちのほうが好きですね。プロテインと一緒にシェークして飲むみたいな手っ取り早いことはできませんが、普通に美味しく食べられます。

以上が筋トレにオートミールがおすすめな理由でした。オートミールはそれ以外にもビタミンやミネラルが豊富など健康的な食べ物です。

このオートミールを3ヶ月食べ続けた結果も記事にしているので、よければ合わせて読んでみて下だい。

【毎日】オートミールを3ヶ月間食べ続けた結果【習慣】

それでは。

スポンサー