職場のめんどくさいやつとの人間関係は身近なもので距離がとれる

職場にめんどくさい人っていますよね。

わたしの職場にもいます。

けっして悪い人でもないし、仕事のつきあいもあるので無下にはできないのですが、あまり関わりたくないっていう人。

こういう人たちって基本的に関わってると消耗するんで距離をある程度とりたいなーっていう気持ちになりますよね。

 

スポンサー

職場のめんどくさい人と距離を取るにはファビングが有効

ファビングってなに?と思われるい方も多いと思います。

簡単に説明すると「相手の前でスマホをいじること」です。これって以外と失礼だけれどさらっとやれちゃうんですよ。

もちろんシチュエーション的に出来ないときもありますが、こんな時に使えます。

  • 休憩室で一緒になった時
  • 仕事中に話しかけらた時
  • 一緒に外回りをする時

こういった相手から話しかけられる時にスマホをだして操作するのです。

ファビングについてはケント大学の研究が有名ですが、簡単に言うと、された人間のコミュニケーションの満足感を下げたり、疎外感を与えたりします。

なので、職場のめんどくさい人との距離が自然と取ることができるのです。

 

わたしがファビングをやってみた感想

わたしは基本的に愚痴ばかり言う人が苦手なので、こういう人を中心にファビングをりようしました。

基本的にファビングをしたからと言って相手が何か苦情を言ってくることはなかったです。まあ、ファビングってそこら中にあふれてる行為ですしね。

そして、効果としては、相手のめんどくさい話や、聴きたくない話を聴かずに済む用になりました。

最初は、ファビングしていても延々と喋っていたのですが、気のない返事をしていると、そのうちおさまりました。

今ではわたしがスマホを取り出せば黙ってくれます。

このように、平和的に相手とに距離をとれるのでめんどくさい人にファビングはおすすめです。

 

距離を取るべき職場のめんどくさい人

職場の距離を取るべき人は次のような人です。

  • 愚痴ばかり言う人
  • ネガティブ発言しまくる人
  • 他人のうわさ話ばかりしている人
  • すぐに感情的になる人

愚痴ばかり言う人

こういう人は話をしているだけで消耗します。というか他人のアラまで見えてくるようになるのでキツイです。更に同意を求めてくるよな人になると後でめんどくさそうなのではぐらかすのですが、それもめんどくさいという。theめんどくさい人ですね。

こういう人はスマホを出してもしばらくは喋ってるので「へー」とか言っていると収まります。

わたしはこういう時はスマホのキンドルに集中してやり過ごしています。

 

ネガティブ発言しまくる人

このタイプも消耗します。しかしスマホを出せばすぐに静かになるタイプが多いです。ちなみにたまに有益な発言もするのでたまに話しを聞いても良いかも。

 

他人のうわさ話ばかりしている人

このタイプは危険です。うっかり自分の秘密を喋ったらそこら中に知れ渡ります。ちなみにファビングしてても「あいつはスマホばっかりいじくってる」とうわさされますが、プライベート等をバラされるよりはマシなので、ファビング効果的です。

 

すぐ感情的になる人

他人の感情に付き合うのはかなり精神を消耗するからとりあえず距離をとって置きましょう。だいたいすぐキレたり泣いたりする人って相手を操作したいだけなんです。いわゆるあまり頭の良くないサイコパスなので、関わらないのが最善です。ファビングで距離をとっておきましょう。

 

ファビングしないことも武器になる

今度はめんどくさい人のお話ではないです。

今度は距離を縮めたい相手とのお話です。

ファビングが疎外感を与え、コミュニケーションの満足感を低下させるなのら、その逆も考えられます。

ファビングが一般的にで行われている中で、距離を縮めたい人の前で一度もスマホを出さなかったらどうでしょう。

親近感を感じ、コミュニケーションの満足感が高まると考えられますよね。

ファビングをしないということも武器になります。

 

今回のお話は以上になります。ファビングを意識的に行えば相手との距離をコントロールできるので、是非シチュエーションに注意して試して下さい。

また、人間関係の消耗は脱フュージョンやマインドフルネスでも軽減できます。以前記事にしていますので参考にして下さい。

それでは。

スポンサー