スマートウォッチでダイエットはできるのか

スポンサー

スマートウォッチでダイエットはできるのか

 

スマートウォッチがダイエットに使えるのかって結構不思議ですよね。
付けるだけで食欲が減るわけでも、消費カロリーが増えるわけでもないんで。

でも、痩せるんですよ。

 

わたし、2年くらい前からずっとダイエット目的でスマートウォッチ を付けてました。

もちろん並行してダイエットもしていました。

純粋にスマートウォッチ の力だけで痩せるわけじゃありません。
でも、スマートウォッチ はダイエットを続けるのに重要です。

むしろ使わないとリバウンドする可能性が高くなります。

なので、今回はそのことについてお話ししていきます。

 

スマートウォッチはダイエットを効率化してくれる。

 

スマートウォッチ はダイエットに絶対にあったほうが良いアイテムです。
というのも、ダイエットって健康の総力戦なんですよ。

ダイエットをする時、食事だけ制限してませんか?
あるいは運動ばっかりしてませんか?

それだけで痩せるのはかなり厳しいです。

食事制限をすると代謝が落ちて痩せにくくなります。
運動をしても消費カロリーは微々たるものです。

 

両方を組み合わせてやっと痩せるんです。

 

さらに、睡眠も大事です。
睡眠不足だと高カロリーの食事を食べる確率が高くなるという研究があります。

https://www.tainaidokei.jp/disease/5_4.html

つまり、寝不足は太りやすいんです。
わたしも夜勤明けはジャンクフードを食べたくなってかなり太りました。

 

そう、睡眠もダイエットには重要なんです。

 

そこで、スマートウォッチ が役立つんです。
スマートウォッチ は食事、運動、睡眠の3つの内2つをモニタリングしてくれます。
運動と睡眠です。この2つのデータはダイエットにすごく役にたちます。

 

スマートウォッチが運動に役立つ理由

 

運動って普段どんな事してますか?
通勤のために歩いた歩数とか家事なんかも運動です。
これって意外と忘れられてるんんですけれど毎日する事なので結構大きいんですよ。
例えば、毎日仕事で1万歩歩いている人と、3000歩の人は1日の消費カロリーは大きく変わるし、それが蓄積されます。

ちなみに1万歩が去年のわたしで、3000歩が今のわたしです。
当然ですが、体重は増えたので、運動量を増やしつつ食事を減らしました。

 

そう、日々の運動を見える形にすると、体重が増えた原因がわかるんです。
なので調整がしやすいんです。

これがないと「あの時ラーメン食べたのがまずかったかな」と目立った記憶になんとなく原因を断定して、何も行動に移らなくなっちゃうんですよ。

逆にいうと、普段の運動量が見える形になれば、そこから日常生活での運動量を増やすことができるんで、わざわざジムに通う必要もないんです。

自宅にステッパーを置いたりしたら、ほぼ完璧です。

寒くて運動不足だから対策ににステッパーを買ってみた結果

 

安いスマートウォッチ なら、4000円くらいで性能が良いものが買えます。

ジムの入会費より安いし、費用が掛かるのも一回だけです。

ジムに掛かる費用を節約できちゃいますね。

 

スマートウォッチが睡眠に役立つ理由

 

よく眠れてますか?
昨日の睡眠は何点ですか?
これって難しいですよね。
朝スッキリ目覚めても昼に眠くなることもあります。

寝てる間って自分が何しているかわからないから、睡眠の質って判断しにくいんです。

でも、スマートウォッチはこういうの得意なんです。
最近のスマートウォッチは睡眠の深さまで測定してくれて、細かく採点してくれます。

例えば

こんな感じです。

先ほども説明したとおり、睡眠不足は肥満に繋がります。
なので、睡眠の質は測っておきたい。そして悪くなったら早めに対策をしておきたいですね。

わたしが使っているのはMIBAND5っていうスマートウォッチ なんですが、睡眠改善のための簡単アドバイスも出してくれるので便利ですよ。

そのとおりにするだけで普通によく眠れて、朝スッキリ目が覚めます。

ちなみに、前日の睡眠のスコアが高いと当日の生活の充実感もかなり高いです。

仕事もかなり捗るし、家事も副業もバッチリって感じになります。

 

そんな、便利なスマートウォッチ ですが、弱点もあります。

スマートウォッチの弱点

 

唯一にして最大の弱点なんですが、
寝るときも含めて毎日つける必要があることなんです。

活動のデータ、睡眠のデータを取るんでほぼ24時間です。

わたしは充電のために週1回1時間程度外す以外はずっとつけています。

なので、大きさと質感にはかなり重要です。
特にフォッシルみたいな普通の時計の形したスマートウォッチ は
寝る時に気になります。

なので、つけてても気にならないサイズ、デザインが選ぶ基準になります。

 

おすすめのスマートウォッチ

 

アップルウォッチ

デザインも性能の最高ですね。
サイズも絶妙で寝る時につけてもそれほど気になりません。

さらにサラリーマンの宿命、ブランド時計競争から脱出できます。

時計としてビジネスシーンでつけても問題ないのが良いですね。

値段はスマートウォッチ にしては高めですが、時計という観点からしたら激安です。
スマートウォッチ を使い続けるなら、これですね。

中古も出回っているので、さらに安く手に入れることもできます。

 

Xiaomi MIBAND5

わたしが使っているのはこれです。
とにかく値段が安い。そして小さい。

機能面も健康管理をするには十分すぎます。
そして、このサイズにも関わらず、操作性も良いです。

とりあえず、試してみたいという方はこれを選べば間違いありません。
難点はスーツに合わせにくいことやフォーマル使用がしにくいことですかね。

 

ミスフィットレイ

このスマートウォッチ は異色です。
ディスプレーがついてません。
このスマートウォッチ は身につけるだけ。
設定や歩数の確認などはスマホのアプリでします。

デザインもかっこいいし、普通の腕時計と重ねて付けても気になりません。
ディスプレーがないことでサイズもかなりスリムでコンパクトになっています。

さらに腰や足首につけることもできます。ペンダントにも。

 

このミスフィットレイですが、電池式です。半年に一度電池交換をするだけです。
充電が意外と手間に感じることもあるので、電池式は画期的です。

ただ、このスマートウォッチ はさっきの2つと違って脈を測ったりしません。
アクティブセンサーだけなので、正確性はやや劣ります。
ですが、活動量を測ったり睡眠を計測するには十分な性能です。

 

と、今回はスマートウォッチ でダイエットが出来るのかというお話でした。
スマートウォッチ はダイエットだけでなく、瞑想や筋トレなんかをするのにもかなり役に立ちますので、おすすめです。
特にMIBAND5は値段も安くて高性能なので、迷ったらこちらですね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサー