16時間断食中に食べ過ぎて太ったけどまた痩せた話

スポンサー

16時間断食中に食べ過ぎて太ったけどまた痩せた話

 

16時間断食って本当に痩せるの?と思いますよね。
だって、1食抜くんですから、痩せてもらわないと困ります。

でもですね。16時間断食をしても、太るんですよ。食べ過ぎれば。
私は仕事が変わったタイミングで体重が増えました。
16時間断食をしていたにも関わらずです。

ですが、すぐに持ち直しましたよ。早めに手を打つのがダイエットの鉄則です。

そんなわけで、今回は16時間断食してても太る理由と、その対処法を解説してきます。

 

16時間断食とは

プチ断食のひとつで16時間の何も食べない時間を確保する食事法です。
16時間の断食時間は水やコーヒー、お茶しか口にできません。
もちろんプロテインもダメです。
16時間の空腹時間を作ることで脂肪燃焼が促進されてダイエット効果があるとか、さらにはオートファジーが働いてアンチエイジング効果があると言われています。
通称、リーンゲインズとも言われています。

https://athletebody.jp/intermittent-fasting/

 

16時間断食で食べ過ぎると太る理由

理由は簡単です。というかダイエットしていても太る理由は1つなんです。
それはカロリーオーバー。
消費カロリーより摂取カロリーが多いからです。
なので食べ過ぎれば普通に太るんです。
もちろん脂肪燃焼の効率が変わったりはあるかもしれません。
でも、それは痩せるプロセスでの話です。摂取カロリーが消費カロリーより少ない時だけです。
カロリーオーバーになれば脂肪を蓄えるしかないんです。

 

わたしが太った理由

わたしが太った理由は、転職がきっかけでした。
転職した時に業務を覚えるために結構ストレスがかかってました。
そして、食べる量が増えました。要するに食べ過ぎですね。
さらに、仕事が変わって夜勤がなくなると筋トレをするタイミングがなくなって運動不足になりました。
さらに、仕事が変わってデスクワークが増えたのもあって、活動量も減りました。

つまり、摂取カロリーが増えたのに、消費カロリーが減ったんですね。
ちなみに、この辺にすぐに気づけたのはスマートウォッチを使っていたからです。

スマートウォッチでダイエットはできるのか

やっぱり客観的なデータがないと人は行動に移せないですからね。
「あの時ピザ食べ過ぎたからかな」とか考えて、偽りの反省をして同じことを繰り替えんすんです。

 

16時間断食なら調整が簡単

それでも16時間断食は続けました。
食べ過ぎれば太るとは言っても、問題は食べ過ぎであって、断食自体は効果のあることなので。
それに、続けているとそんなに辛くないんですよ。
むしろまた朝ごはんを食べる方がめんどくさくて無理です。

で、この16時間断食のいいところは自然と1日2食くらいになるんです。
なので食事の管理がめちゃくちゃ楽なんですよ。
食事3回と2回は大きな違いがあります。

わたしの場合は昼を普通の食事からプロテインとナッツだけにしました。

さらに、運動不足の分は朝に筋トレとステッパーでのウォーキングを取り入れて消費カロリーを増やしました。

寒くて運動不足だから対策ににステッパーを買ってみた結果

リーンゲインズ中の筋トレベストタイミングは夜

朝の筋トレの効果がすごい、仕事からダイエットまで上手くいく習慣

やっぱり朝ご飯を食べないと朝に色々する余裕があります。

 

現在は月に1キロペースで減量中

そんなわけで、体重増加はなんとか食い止めました。
今は月に1キロくらいのゆるいペースで減量中です。
うっすらシックスパックが出てきたので、夏が楽しみです。

そんなわけで、今日はプチ断食をしていても食べ過ぎたれ太るよっていうお話でした。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサー