牛乳ダメでも飲めるお腹に優しいプロテイン

スポンサー

牛乳ダメでも飲めるお腹に優しいプロテイン

 

プロテインは筋トレやダイエット、美容には欠かせないですね。
でも、今主流のホエイプロテイン、お腹を壊してしまう人が多いんですよ。
実はわたしもよく、プロテインでお腹を壊してました。

せっかく筋トレして、栄養とってるのにお腹壊したら意味ないじゃんと思って、何でお腹を壊すか調べてみたんですよ。

結果、わたしはプロテインの種類を変えることでお腹を壊さなくなりました。

そんなわけで、今回はなんでホエイプロテインお腹を壊すのか、何を飲んだらお腹を壊さないのかをお話しします。

 

プロテインでお腹を壊す原因

乳糖不耐性

乳糖をお腹で吸収できない人がいます。
まあ、わたしがそうなんですが。
乳糖不耐性っていうんですが、この人たちは牛乳を飲むとお腹を壊します。
牛乳を飲むと乳糖が腸内に入れいます。普通の人は腸でこの乳糖を吸収できるんですが、乳糖不耐性の人はちょっと違います。
乳糖が吸収されずに腸内に残ってしまうんです。
そうすると、腸内の浸透圧が乳糖によって変わります。それをもとに戻そうと腸内に水分が引き込まれてお腹を壊します。

なので、牛乳でお腹を壊す人は乳糖入りのものは食べれないんです。

逆にヨーグルトやチーズは発酵によって乳糖がかなり減ってるので食べれます。

 

腸内環境の悪化

プロテインに限ったものではないんですが、たんぱく質をとりすぎると腸内環境が悪くなります。
焼肉で大量に肉を食べた後なんかはお腹が変な感じになりますよね。
そういうことです。
筋トレにはたんぱく質は大切ですが、大量に摂取すれば腸内環境を悪化させます。

わたしはこれを防ぐためにプロテインには難消化性デキストリンという食物繊維を入れています。

すこしお腹の調子は良くなってる気がします。

 

胃もたれ

お腹といっても、こっちは腸ではなく胃の方です。
胃もたれの原因は飲みすぎです。
わたしは結構やってしまうんですが、一度に大量に飲んでしまうと胃もたれします。

カゼインプロテインやソイプロテインなんかはトロミが強いのでなりやすいですね。
わたしは1回に50gくらい飲むんですが、やっぱりもたれます。

 

お腹を壊さない優しいプロテインはこれです

ホエイプロテインアイソレート

ホエイプロテインには大きく分けて2つあります。
コンセントレートとアイソレートです。
どちらも牛乳の乳清から作られたプロテインですが、ちょっとした違いがあります。
コンセントレートよりアイソレートの方がしっかり濾過してあるっていうことです。
なのでホエイプロテインアイソレートには乳糖が入っていません。

ちなみに、ただホエイプロテインと言った場合はホエイプロテインコンセントレートのことを言うことがほとんどです。

乳糖不耐性のわたしが飲んだ感想

デメリット

ホエイプロテインアイソレートを飲んでみた中でデメリットと言えるものはほとんどありませんでした。
強いてあげるとすれば値段ですね。
ホエイプロテインコンセントレートと比べると若干高いです。
ただ、メーカーによっても値段は違うし、値段と品質もほとんど関係ないですね。
なので安いメーカーのプロテインを選べば値段は問題ないです。

メリット

なんと言ってもお腹を壊さなくなったのはかなり大きいメリットですね。
わたしはかなり牛乳にお腹を壊しやすくて、カフェラテ飲んだだけでお腹壊します。
そんなわたしでも、お腹を壊さなくなりました。
更に、普通のホエイプロテインと比べて消化しやすいです。
わたしは結構胃もたれもするんですが、大量に飲んでももたれませ。
なので、胃腸が弱くてバルクアップができないと言う人にも向いています。

 

おすすめのプロテイン

プロテインのおすすめは別記事を書いています。

ダイエットに最適なおすすめプロテインはこれ

まあ、結論を言うとマイプロテインが安くて品質も安定してるのでおすすめです。と言うか信じられないくらいやすいです。
なので、ここのホエイプロテインアイソレートを選んでおけば間違い無いです。わたしも飲んでいます。

マイプロ ホエイアイソレート

と言う訳で、今回はお腹に優しいプロテインのお話でした。
牛乳でお腹を壊す人は、ホエイプロテインアイソレートを選んでください。
では、今日はこの辺で。

スポンサー